2014年09月20日

サーキットの狼




今日はサーキットの狼いきます。





sakit5.JPG





「サーキットの狼」は池沢さとし先生が1975年〜1979年に「少年ジャンプ」に連載していたスーパーカーまんがです。





1976年ころの スーパーカーブーム のきっかけになったまんがです。






内容は イギリスのスポーツカー ロータスヨーロッパ を駆る主人公が公道レースで いわゆるスーパーカーといわれる大排気量・高出力車を ロータスヨーロッパの軽量さ、空気抵抗の低さ、パワーウエイトレシオを武器にカモる そして最終的には公道レーサーをやめフォーミュラレーサーを目指し成長していくという車版スポコンな内容です。




パワーウエイトレシオやCd値などの説明は子供ながらに「なるほどなー」と思ったものでした。





子供にはちょっとマニアックでしたが十分楽しめるまんがでしたね。





ちなみにぼくの大好きなキャラは トヨタ2000GTを駆る初期の 隼人ピーターソン です。






ただやはりぼくら世代はなんといっても サーキットの狼 といえばプラモデルやおもちゃや文具なのでした。






キャロライン小五 サーキットの狼 コレクション!




sakit4.JPG

既出のニットープラモデル&おもちゃ



sakit3.JPG

めんこ



sakit6.JPG

ホシヤの消しゴム



sakit1.JPG

集英社のコミックスしおり





今後もニットーのプラモデルも含め サーキットの狼コレクションも増やしていきたいな。








sakit2.JPG

サーキットの狼 池沢さとし 1975年〜1979年 「少年ジャンプ」連載







posted by キャロライン小五 at 08:55 | Comment(2) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月16日

サスケ









今日は サスケ いきます。





今、サスケでググると 筋肉番付 や デュオグループ が出てきますが、





昭和41年男子は サスケ といえば 白土三平のまんが サスケ ですよね。





とはいえ「少年」に連載されていたサスケはぼくらの生まれた年に連載終了しています。




sasuke1.JPG

キャロライン小五 コレクション サスケ 少年ふろく 1964年




IMG_8991.JPG

サスケ KCコミックス 1巻 1974年






ぼくらがギリおぼえてるとすれば1968年〜放映されたサスケのテレビアニメでしょう。










ぼくはこのサスケが大好きで浴衣をきせてもらいゴムで髪をしばってもらいサスケになりきって鉄棒にぶらさがったりしてたんですが、





髪がそれほど長くないのでどうみてもチョンマゲにしかみえなかったのでした(笑







sasuke2.JPG


サスケ


posted by キャロライン小五 at 22:00 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月13日

リングにかけろ




今日は リングにかけろ いきます。




ring5.PNG




1977年から少年ジャンプに連載されたボクシングまんがです。




作者は 車田正美 先生です。






記念すべき リングにかけろ 初連載 1977年2号 の少年ジャンプ です。



ring1.JPG



ring2.JPG





このまんがはキャロライン小五の人生を変えるほどの影響のあるまんがでした。




リングにかけろ の内容は簡単にいうと 「主人公の竜児は弱虫な少年だったが姉の菊の指導のもとボクシングをとおして心も体も強くなっていく」 というスポコンものです。




ぼくもこの主人公とどことなく似たようなとこがあり(あると思い込んで)自分と重ね合わせてしまったんですね。




ring45.PNG



この竜児がしてるうでわはパワーリストといって鉛入のうでわで、つけていると自然に筋力がつくという 鉄下駄 みたいなもんですかね。



まあ 大リーグ養成ギプス のボクシング版ですか。



さっそくキャロライン小五もパワーリストとパワーアンクル(あしわ)を手に入れいつも装着しながらシャドーボクシングに励むのでした。



ついでに リングにかけろ には直接関係はないのですが、少年ジャンプにのっていた ブルワーカー まで買って鍛錬をしていたのです(笑



先生たちには 「成長期にそのような部分的不可をかけるのはよくないのでは?」 と注意されましたが無視していつも装着してました。




そして




実際に気が弱くケンカなんて見るのもいやだったぼくがいつのまにか実践で自分の腕を試したくなり、




ケンカも積極的にするようになり、




ケンカに負けることなどなかったので調子に乗ってしまい、






本来の自分と180度ちがう自分へと変わっていったのでした。






ring4.JPG

リングにかけろ 車田正美 1977年〜少年ジャンプ連載







posted by キャロライン小五 at 19:54 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。