2014年08月03日

ソニー CF-1480

今日はソニーのラジカセ CF-1480の紹介です。


pfdfsd1.jpg



このラジカセは1974年に発売されました。

当時は33,500円したんですね。


このラジカセはラジオのチューニングが合うと発光ダイオードーが光る仕組みです。


_hsdjsl_ 1.JPG


当時は画期的だったのでしょう。



ぼくらが小学生の高学年になる頃はラジオ番組がクラスの話題のタネでしたね。


地元の民放ラジオ局の人気アナウンサーたちによるローカルな番組なんかが流行ったわけですが。


中学生くらいになると『オールナイトニッポン』などの深夜放送になるわけですがこの頃はせいぜい9〜10時の放送を聴いてました。


音楽もレコードをステレオで聴くというよりカセットで聴くというほうが主流?だったかな?


FMなんかをエアチェックしてカセットにダビングしたやつをね。


そういえば最近、ナウなヤングのあいだでカセットテープで音楽を聴くのが流行ってるらしいですね。


手間がかかるとことメカニカルでレトロなとこがいいんだって(笑)


時代は繰り返す?



jjasjaaa__ 4.JPG

ソニー CF-1480 1974年1月21日発売 SONY 定価33500円







posted by キャロライン小五 at 06:35 | Comment(0) | なつかしモノ(かぐ・かでん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月02日

ソニー TC-1150

今日はテープレコーダー SONY TC-1150 の紹介です。


jdkldjd__ 1.JPG



このテープレコーダーは1969年に発売されたものです。



ぼくが初めてテープレコーダーを体験したのは幼稚園の頃かな?


テープレコーダーを最初に体験したときはスゴイ衝撃でした。


だって音や自分の声が録音されちゃうんだからとんでもないハイテク機器に感じたわけです。


自分の声を再生するとなんか自分の声じゃない感じの声が聞こえましたね。


あっ それは今も同じか(笑)


ちなみに現代では「巻き戻し」という言葉が死んでしまったようです(笑)


_fjksj_ 2.JPG



小学生になると歌番組なんかもこの手のテープレコーダーに録音してましたね。


『ザ・ベストテン』にはお世話になりました。


もちろん録音方法はテープレコーダーをテレビの前において外部マイクからダイレクトに録音です。


録音中に家族の声が入らないように家族にガンをつけながら「シーッ」(静かにしてね)のアピールで。


現代の子には信じられないでしょうね(笑)


jsdkdgh__.JPG

SONY TC-1150 1969年6月発売 定価 25,800円




posted by キャロライン小五 at 18:27 | Comment(0) | なつかしモノ(かぐ・かでん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月29日

スチール製本棚

今日はスチール製の本棚の紹介です。


pdds1.jpg


前回、スチール製の学習机の紹介をしましたが、これも同じく「くろがね工業」のものです。


1970年代のものとのことで購入しましたが詳しいことはわかりません。



レトロポップな色使いもお気に入りです。


あっ 今回は話が短い上にロケット鉛筆画もいれてません。


すみま千円 m(_ _)m




スチール製 本棚  くろがね工業  1970年代

posted by キャロライン小五 at 21:01 | Comment(0) | なつかしモノ(かぐ・かでん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。