2014年09月22日

コカ・コーラ




今日は コカ・コーラ いきます。





コカ・コーラってグッズとか好きな人はとことん好きですよね。





一晩語りつくしても足りないくらい。





でもキャロライン小五のコカ・コーラはすぐ終わります(笑








これをみせたかっただけなので ↓







キャロライン小五コレクション! コカ・コーラ190ml



coke2 (2).JPG



これは6代目後期のボトルで1975年〜1980年代までの昭和41年男子にもっともなじみのあるボトルだと思います。






とはいえキャロライン小五の小さいころは母がすごく厳しくて着色料のついた飲料やコーヒー飲料は一切飲ませてもらえませんでした。




もちろんコーラもです。




小学校の中学年にして初めて飲んだコーヒー飲料に「こんなおいしいものがこの世にあるんだ!」と感想をのべたキャロライン小五に親戚一同は大笑いしました。






そのころからコーラも飲んだのですが、コーラについては明治生まれのじいさんみたいな感想で「なんか変なクスリくさい味」でした。





しかしなぜかコカ・コーラというものは飲めば飲むほどだんだんハマっていってしまうんですね。





そのことから「コカ・コーラにはコカインの成分が入っているので皆が依存してしまう」とかいう何の根拠もないうわさも流れました。




コカ・コーラ中毒(コカ・コーラにはまってしまいコカ・コーラばかり飲んでる人)なる言葉も出ましたね。





ぼくも中学のときにコカ・コーラ中毒になりかけました。






キャロライン小五 コカ・コーラ関連コレクション!



coke2 (1).JPG


帰ってきたラッセルヨーヨー 1979年




そして80年代の鉛筆キャップ



coke3.JPG


裏は



coke4.JPG


じゅん子さま



顔はやばいよボディにしな!









そして数十年の年月がたちコカ・コーラなんてものはすっかり飲むことがなくなったキャロライン小五ですが、






マクドナルドのセットのときの飲み物はコーラを頼んでしまうのでした。





マクドのポテトにコーラが合うんだよね。






coke5.JPG

コカ・コーラ の思い出?




















posted by キャロライン小五 at 23:20 | Comment(1) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月05日

およげ!たいやきくん



今日は およげ!たいやきくん です。



gudddf.JPG

写真はキャロライン小五がディスプレイ用に買ったLPです。




ウィキペディア およげ!たいやきくん より引用


『およげ!たいやきくん』は、1975年にフジテレビの子供向けの番組『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発表された童謡。

作詞は高田ひろお、作曲・編曲は佐瀬寿一、プロデューサーは小島豊美。子門真人が歌ったバージョンは、2014年8月現在、日本で売り上げ枚数が最も多いシングル盤(フィジカル・シングル)とされている。本項では、この曲も収録された同名のLPも扱う。

ちなみにレコード・CD等でのタイトル表記は「およげ!たいやきくん」だが、『ひらけ!ポンキッキ』で放送された同曲のアニメ映像内でのタイトル表記では「!(感嘆符)」がついていない。





ということで実際のおよげ!たいやきくんブームは1976年になります。



しかし流行りましたね!このうた。



大ヒットソングです。



もう1976年の象徴といってもいいくらいです。









聴いてのとおり たいやきくんが自由をもとめ海に生き最期は釣り上げた人間に食われる



というダークファンタジーです(笑




ただヒットソングということで目立ったグッズ販売はあまりなかったような?



キーホルダーくらいじゃなかったかな?





でもほんもののたいやきはこの歌に便乗して大売れだったんです。



平成のひとはだんご3兄弟のだんごと同じ現象だと思ってくだい。






しかしブームははかなくあっという間に落ち着いてきたのでした。




たいやき屋さんもブームとともに…






hkjgg.JPG

およげ!たいやきくん ブーム 1976年







posted by キャロライン小五 at 20:51 | Comment(0) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月03日

スーパーカー ブーム







今日はスーパーカーブームです。




このスーパーカーブームは1976年くらいからだと思います。




きっかけはサーキットの狼でしょうね。


jjfydydu.JPG



この「サーキットの狼」のコミック1巻の発売が1976年(ジャンプ連載はもう少し早い)



llhfyfu.JPG


そして日東科学のプラモデル「サーキットの狼」シリーズが発売されたのも1976年なので。




そして「サーキットの狼」関連のこんなおもちゃも。


kfffi.JPG




スーパーカーブーム中は各地でスーパーカーショーが開催され…



あっ スーパーカーショー てのは規模も色々ですけどランボルギーニやフェラーリやポルシェなどスーパーカーが何台か展示され、子供たちがそれを写真撮影するのです。




運がよければ実際に乗れたりエンジン音を聞けたり。




ぼくも何回か行きましたが写真撮影とエンジン音を聞けただけで乗ることはできませんでした。





あといろんなスーパーカーのエンジン音を集めたソノシートなんてのもありました。




しかしこの頃ソノシートから流れるエンジン音でなんのスーパーカーかわかる子供がいたんだから、今考えればすごいですね。



マニアックなガキですね。






あとスーパーカー消しゴムも流行りました。



jiguffo.JPG







そしてスーパーカーめんこも。



kkhgg.JPG


jugufu.JPG




めんこは実際にめんこ遊びをやるんじゃなくて写真の代わりに購入してましたね。





あと近所のアウディやビートルやミニやBMWなどスーパーカーと関連ないものも撮影してたりしましたね。




黄色いビートルを一日に3台みるとシアワセになるとかの迷信がはやったのもこの頃と思います。





結局、スーパーカー → 外車ブームになってたような。





このスーパーカーブーム世代の男子って趣味は違えど車好きが多いですよね。






hjhjff.JPG

スーパーカーブーム















posted by キャロライン小五 at 19:13 | Comment(0) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。