2014年09月26日

しびれのスカタン




今日はしびれのスカタンいきます。




IMG_8945.JPG



IMG_8944.JPG

しびれのスカタン 少年画報ふろく





ある日、古本屋で手に入れた別冊ふろくです。




「おお!赤塚不二夫ってこんなまんが書いてたんだ!」とジャケ買いしたものです。





裏も表もどうみても赤塚不二夫の名前しか出てません。




でも中を開くと




IMG_8946.JPG


赤塚不二夫・作
長谷邦夫・え



となってます!




のでちょっと調べてみました。





しびれのスカタンは昭和40年〜昭和43年まで少年画報に連載されていたまんがだそうです。




しかし昭和41年男子のぼくらの知る赤塚不二夫といえば テレビアニメ「天才バカボン」 テレビアニメ「ひみつのアッコちゃん」くらいでしょう。





まんがのほうはヤングなゆえあまり詳しくないのが現実です。





そしてこの長谷邦夫なる人物を調べてみました。





この方は赤塚不二夫せんせいとかなり親密で右腕、ブレーンとしてフジオ・プロに携わっていたとのこと。





フジオ・プロではアイデアマン・作画等を担当 …





って!じゃあ赤塚先生は何担当なの(笑






この方は自分がすべて書いたものでも赤塚せんせーの名前のみクレジットのいわゆるゴーストライターもしてたみたいですね。





赤塚先生が酒で漫画に支障をきたすとフジオ・プロを離れ、自分の携わった分の印税はこちらに払ってほしいと至極当然のことをいったらフジオ・プロを絶縁されてしまったみたいですね。





まるでS村河内さんとN垣さんみたいな。






このかたが真の自分の著作を語りだしたら歴史は変わるかもね。






といってもナウなヤングなため正しいシェー!のポーズもままならないキャロライン小五なのでした(笑






IMG_8935.JPG

しびれのスカタン 少年画報 1965年〜1968年

赤塚不二夫・作
長谷邦夫・え


















posted by キャロライン小五 at 22:54 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。