2014年09月03日

ジョーズ





今日はジョーズです。




ジョーズは1975年に日本上映されました。




ジョーズといって最初に思い浮かべるのはジョーズのテーマですよね。









この映画はまあ非現実的ってわけでもなくさほど現実的でもないパニック映画ですが、大きいサメっていう設定がよかったんですかね。



あまり深く考えずに楽しめる映画です。




ウィキペディア ジョーズ 制作 より引用


監督は当時28歳だったスティーブン・スピルバーグが抜擢された。当初、原作者であるピーター・ベンチリーが映画の脚本も書いたが、スピルバーグは「面白くない」と却下した。自身が新たに書き直すもプロデューサーからの好評が得られず、スピルバーグは友人である脚本家カール・ゴットリーブに依頼した。クイントが巡洋艦インディアナポリスの元乗組員だったという経緯も、この際追加されたものである。しかし、脚本は未完のまま撮影が始まり、ロケ先のホテルでその日の撮影後に監督と脚本家、そして出演者を交えて翌日の撮影分を考えることもあった。結果、原作の大筋をなぞりつつも、原作における専門的な部分(詳しい鮫の生態など)を極力抑えた娯楽作品に徹しており、「映画らしい派手な決着」「ブロディ署長に加えてフーパーも生き残る」などの変更が行われている[2]。そのため、完成版を観たベンチリーは激怒し「こんなものがヒットするわけがない。スピルバーグは一生B級監督だ」と罵り、逆にスピルバーグから「元が面白くないからこうした」との反論を受けた。ベンチリーは、舞台となった海水浴場から人食いザメ出現のニュースを伝えるレポーター役で出演している。

マシュー・レオネッティ製作の機械仕掛けの鮫は、スタッフ間で「ブルース」(由来はスピルバーグの知人である弁護士の名前から)と呼ばれていたが、ほとんどテストができないままクランクインされたため、当初は故障が多く[3]、撮影は予定をオーバーしてしまう。また、リアリズムを目指したロケ(ロケ地として採用された島はマーサズ・ヴィニヤード)での撮影は、フレームに少しでも余計なものが入ると即NGになるため、これもスケジュールを大きく狂わせる原因となった。撮影制作費も1000万ドルを突破し、企画当初に計上された額の3倍にも膨れ上がったため、一時は撮影中止さえ検討された。撮影終了したスピルバーグは、マッカーサーの名言(『私は帰ってくる』)をもじって「二度と戻らん!」と宣言したという。





と制作には色々とゴタゴタがあったみたいですが無事にヒットしましたよね。






関連グッズの紹介です。



hgeteso.JPG


josgeres.JPG



とてもリアルな絵のジョーズのがま口コインケースです。




どうせならジョーズの形でジョーズの口が開くようなコインケースにしてほしかった(笑









jhhgfd.JPG

ジョーズ 1975年 日本上映














【なつかしモノ(えいが)の最新記事】
posted by キャロライン小五 at 08:13 | Comment(0) | なつかしモノ(えいが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。