2014年08月22日

少年ジャンプ(1976年)




今日は少年ジャンプ(1976年)の紹介です。




gyhhkjp (1).JPG
表紙




ffff.JPG
背表紙


おっ!フラッシャー付き自転車!






前回、書きましたがぼくはこの頃は少年チャンピオン命だったのです。




友達の中にはチャンピオン派、マガジン派、ジャンプ派、サンデー派がいるもので、その得意ジャンルの友達のうちで読むといった感じが多かったですね。



ジャンプもそうです。





1976年のジャンプの内容は



ssaaddfg (2).JPG


こんな感じ。






キャロライン小五 的ランキングは!




1位:サーキットの狼


なんたってスーパーカーブーム真っ只中!

やはり サーキットの狼がイチバン。



2位:ドーベルマン刑事


これどっちかというと青年まんがっぽかったけどバイオレンス&アクションがかっこよかった。

なんか加納刑事って蘇る金狼の 松田優作 とダブります。



3位:ど根性ガエル


1974年当時は新人だった 吉沢やすみ先生が大ブレークしました。

アニメでもずいぶん人気でしたね。



4位:包丁人味平


これ今みても面白いですね。

カレー対決が好きでした。



5位:アストロ球団


「そんなアホなー」というくらいの超人技のオンパレード(笑

こんな奴らに勝てるやついないわ ってくらい気持ちいいくらい現実離れしたまんがでした。




番外編:トイレット博士

ぼく的にはなにが面白いかよくわからなかったのですが結構人気ありましたよね。

MK団のマークが高級自動車マイバッハのエンブレムに似てると思ったひとは同世代です(笑


dhdjdkss (2).jpg
MK団



dhdjdkss (1).jpg
マイバッハ エンブレム






ssaaddfg (1).JPG

少年ジャンプ 1976年













posted by キャロライン小五 at 20:57 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。