2014年07月21日

スパイ・ザ・パック

今日は『スパイ・ザ・パック』の紹介です。


dgfui__ 1.JPG


スパイ・ザ・パックはサンスターのスパイシリーズ第4弾として1970年に発売されました。


1969年発売の第1弾スパイメモからはじまりスパイシリーズはどんどん進化していくのですよね。


第8弾くらいまで出て最終的には子供のお小遣いで買うのが難しいくらい値段も跳ね上がりました。


この第4弾の「スパイ・ザ・パック」は定価480円


このくらいまでが落としどころ(親にねだる)じゃないでしょうか。



で、この「スパイ・ザ・パック」 名の通りスパイグッズがパックされたモノです。



;gfd__ 2.JPG


・水にとけるシークレットロープ

・指紋検出装置・団員バッジ

・水にとけるシークレットメモ

・シークレットペン


と見出しに書いてありますがスパイ七つ道具としては


1:スパイメモ

2:スパイメモカバー

3:シークレットロープ

4:指紋検出装置

5:団員バッジ

6:シークレットペン

7:スパイライセンス


以上の7つでスパイ七つ道具となるわけです。


スパイメモと水に溶けるメモはお約束といったとこでしょう。

シークレットロープ細っ!

しかもこれは自分の持ってるロープを敵に渡して自分を縛らせて、自分で脱出するという…

まあ、これは『スパイごっこ』だからそんなことはぜんぜんアリなのです。

ごっこ(プレイ) なんですから。


他のHPの紹介でこの「指紋検出装置」はなかなかの逸品と書いてありました。

開けてやってみたい好奇心もありましたが…


もったいないから

もったいないから

もったいない〜か〜ら〜

開けないっ



jffk__.JPG
しかもロケット鉛筆画流用



『スパイ・ザ・パック』 サンスター 1970年発売 定価480円 











posted by キャロライン小五 at 07:15 | Comment(0) | なつかしモノ(オモチャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。