2014年10月08日

ブラック・ジャック




今日は ブラック・ジャック いきます。





IMG_9011.JPG






ブラック・ジャックは1973年〜1978年、1979年〜1983年まで「少年チャンピオン」に連載されたまんがです。






作者は 手塚 治虫 先生です。







昭和41年男子なら知っていますよね?






ぼくは「ドカベン」目当てで「少年チャンピオン」を購読し始めたんですが、この「ブラック・ジャック」にもはまってしまったのです。





「ブラック・ジャック」は無免許の医師がそのスゴウデを生かして普通の医者では治せない難病を容赦ない大金とひきかえに治療するというもの。




一見ノンフィクション風だがこれは空想医療漫画なのです。






強者には容赦ないが弱者には優しいブラック・ジャック。




半分が黒髪、半分が白髪、いつも黒いマントをはおり顔の半分が黒い皮膚のつぎはぎ




でもとってもカッコいいのでした。





ブラック・ジャックの話の中で「人面瘡」(39話)がとても印象に残りました。




人面瘡とは体の一部に人の顔ができてしまいその顔がしゃべったりときにはものを食べたりするというもの。




o0743054012602032527.jpg





それをマネしてひざに人面瘡を書いて遊んでいました(笑





IMG_9013.JPG

ブラック・ジャック 1973年〜1978年、1979年〜1983年 「少年チャンピオン」連載






PS



1981年(キャロライン小五が15歳)




のときのブラック・ジャックの初のテレビドラマ 「加山雄三のブラックジャック」





「これは微妙だな」と思ったキャロライン小五でした。





でも2000年のモックン版のブラック・ジャックのはすごいよかった。



ピッタリですね。



乗る車がジープじゃなく黒塗りの大型セダンだったらカンペキだったと思ふ。



posted by キャロライン小五 at 20:30 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。