2014年10月05日

工作教室 4





今日は 工作教室 4 いきます。



工作教室とは キャロライン小五が10さい〜11さいくらいまで行っていた教室です。



1976年〜1977年くらいのことになります。





ステージ1:まず教室で工作をし



ステージ2:その次の週に工作したものを試すという教室なのでした。




しかし今回は キャンプ ということでステージ1はとくにないのです。






行き先は確か朝霧高原方面の川原だったと思います。





まずマス釣りをしました。




IMG_9040.JPG





富士の湧き水でマスをストックしている天然の釣堀というか池で釣りをしたのでした。






貪欲なマスはさおを入れた瞬間にえさに食いつき数秒で釣れてしまい釣りの醍醐味はまったくないですけど(笑






そして川原にテントをはり夕食になります。





夕食は飯ごう炊飯とさきほど釣ったマスの塩焼きです。




IMG_8967.JPG




このマスの塩焼きすごいおいしかったです。




飯ごう炊飯のごはんも最高でした。




自然の中で食べるメシはうまいですね。




「今までさんざんな工作教室だったけど今日はよかったな」と寝袋の中で思いつつ就寝したキャロライン小五でした。






そして朝



同伴の父兄のおばさんが 




「あんなところにシジミが発生してる!みんなでとろう!」




とさわいでいました。





「シジミが発生したから何?そんなもんいらね」とキャロライン小五は思いました。




たぶんほかの子もそう思ったのでしょう。




誰一人とりにいこうとするものはいませんでした。





そしたらそのおばさんが



「そのシジミは先生(工作教室の)が朝早くから苦労して仕込んだものなのよ!」




と逆ギレしました。




先生もばつの悪そうな顔をして下を向いていたのでした。





「ちぇオンナはヒステリーだなー」と思いつつシジミをとりにいってあげたいったキャロライン小五とその仲間でした。





シジミがいたからって昭和41年生まれの現代っ子がとりにいくわけないのに。





IMG_9041.JPG

工作教室 4 キャンプ






posted by キャロライン小五 at 17:22 | Comment(0) | なつかしモノ(ならいごと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。