2014年10月02日

心霊ブーム




今日は 心霊ブーム いきます。




オカルトブームの中の心霊ブームです。




やはり1975年ころでしょうか。





当時の心霊スペシャル番組はだいたい幽霊に遭遇した体験談や再現Vや心霊写真といった感じでしたね。





この手の番組をみると夜中にひとりでトイレに行けなくなるのがわかってるのにみてしまうキャロライン小五でした(笑






そしてこの心霊ブームの火付け役といってもいいまんがが





IMG_8984.JPG





うしろの百太郎 ですね。






このまんがは「週刊少年マガジン」に1973年〜1976年まで連載された作品です。






作者は つのだ☆ いや、星いらねー





作者は つのだじろう先生 ですね。







つのだじろう先生自体も霊感がおありなのか?よく心霊番組に出てましたね。






まんがの内容は 主人公の守護例の百太郎が主人公を心霊体験にみちびきかつ主人公を守るというもの。





これ結構こわかったなー。









そして つのだじろう先生がこの時期にもう1作品書いてました。






それが 恐怖新聞 です。




IMG_8988.JPG





こちらは「週刊少年チャンピオン」に1973年〜1975年まで連載された作品です。





内容は1日読むごとに100日ずつ寿命がちじまる恐怖新聞を読まずにはいられない主人公。





この作品は主人公が心霊だけではなく超能力、UFO、UMAとオカルト全般を体験していくというストーリーですね。




このころはESPカードとかUFOや宇宙人、ネッシーやビッグフット、ノストラダムスの大予言




すべて信じていたキャロライン小五でした。









まあ心霊というものは一度も体験したことのないキャロライン小五でしたが、エクトプラズムは何回も目撃していたのでした(笑









IMG_9007.JPG

心霊ブーム 1975年〜












posted by キャロライン小五 at 19:11 | Comment(0) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。