2014年09月01日

kei WORKS




今日は愛車遍歴第八弾 スズキ kei WORKS(FF) です。




2002年製です。




p1.jpg




事実上のアルトワークスの後継となるコイツを新車で買ってみました。




15インチアルミホイール、4輪ディスクブレーキ、レカロシート、ヘリカルLSDなどと軽には過ぎた走りの装備満載です。




この車なかなか機敏でよい走りをしました。




旧規格アルトワークスと比べ少し(だいぶ)腰高だがワイドトレッドも広がりよいですね。







この頃はオカルトグッズ花盛りで



S●Vや



SEV_H-1_008.jpg





HOTイナ●マ



c0118689_1754861.jpg



など買ってしまったぼくでした。



あとガソリンの吸入側ホースに磁石つけるとかね。



ボディーアースチューンもこの頃から流行はじめましたね。



これらのチューンがあれば トータル20馬力UP! のはずでしたが…




現実にはそんなもので馬力UPするはずもなくブラシーボ効果さえ得られない…



あっ!そうそうオカルトグッズに付随して「ブラシーボ効果」なる言葉が流行りだしたのもこの頃ですかね。



ほんとの意味でブラシーボ効果があるならそれはそれでいいと思うのですが…



2002年〜2006年まで乗りました。



スズキ kei WORKS






ちなみにkeiが生産中止になってたくさんのお客様から



「なんでkeiやめたの?」



とこんな声が寄せられkeiに代わるコンセプトカーとして



 ハスラー が誕生したそうです。



なるほどですね。


タグ:くるま
posted by キャロライン小五 at 19:45 | Comment(0) | すきなモノ(くるま) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱鉛筆 UNDER-LINE




今日は昭和のなつかしい鉛筆 三菱鉛筆 UNDER-LINE の紹介です。




jyhjf__ 5.JPG




これはいわゆる 赤黒鉛筆 と呼ばれるものですね。



kjhgg.JPG



文字を書くための黒芯とアンダーライン用の赤芯が一本の鉛筆に一体になってるものです。




klhhhh.JPG

                ← 黒 赤 →


になってます。





他に 赤青鉛筆 というものもあってこちらは一本でアンダーライン専用。




アンダーライン用の青の芯とアンダーライン用の赤の芯が一本の鉛筆に一体になってます。




どっちかというと赤青鉛筆のが「アンダーライン」という名にふさわしい気がしますね。




蛍光マーカーがなかった時代はこういうのでアンダーラインをひいたんですね。






といっても本にアンダーラインなど引いた覚えもないほど勉強嫌いのキャロライン小五でした(笑








yyddfgo.JPG

三菱鉛筆 UNDER-LINE





posted by キャロライン小五 at 15:49 | Comment(0) | なつかしモノ(ぶんぐ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。