2014年09月28日

超能力ブーム




今日は 超能力ブーム いきます。




このブームは1974年くらいからと思います。




このときは ノストラダムス・UFO・UMA・心霊 含めて オカルトブーム と呼ばれた時代でした。




ちょうどテレビ(木曜スペシャル)でユリゲラーさんが来日したのが1974年くらいでした。










よくテレビの前に子供をあつめて「いっしょにスプーンを曲げましょう」と念を送るのでした。




あと「時計を遅れさせる」とかありましたが実際に超能力が発揮されても時計を壊して親に怒られるってね(笑






この番組で発掘された超能力少年も一躍時の人になりましたね。










よくキャロライン小五もテレビの前でスプーンが曲がるように念じたり時計を遅れさそうとしてました(笑







でも「正常に使えているスプーンや時計をわざわざ壊すようなことじゃなく もっと役に立つことに使えればいいのにな」と物思いにふけるキャロライン小五 8さいの秋でした。





IMG_8979.JPG


超能力ブーム 1974年〜









posted by キャロライン小五 at 20:12 | Comment(0) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月27日

カラーひよこ





今日はカラーひよこいきます。







昭和41年男子は夜店などでみかけましたよね。






カラフルに色づけされたひよこが売られていたのを。






IMG_8956.JPG






ぼくも買ったときがありました。






もちろん卵を産むメスを!





カラーひよこは色付けのためにすぐに死んでしまうとのうわさがありましたのでキャロライン小五は無着色のひよこをチョイスしました。



1973年くらいかな?




そういえば買ったばかりのひよこがうちに着いたら息も絶え絶え死にそうになっていたのでした。





なんの知識もないキャロライン小五でしたが何かひらめいてとりあえずコタツの温度を強にしひよこをコタツに入れたのでした。






そしたらなぜかひよこは元気になりもちなおしたのでした。







そして朝もはよからせっつせとせっせとえさやりをはじめました。





だいたいぬかに野菜をまぜたものをあげてました。






ニワトリ小屋も父と一緒につくりました。






そして数年後






卵を産むどころか






立派なトサカの








雄鶏になっていたのでした(笑




IMG_8957.JPG


キャロライン小五 にわとりの思い出 1973年〜




posted by キャロライン小五 at 21:17 | Comment(0) | なつかしモノ(いきもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月26日

しびれのスカタン




今日はしびれのスカタンいきます。




IMG_8945.JPG



IMG_8944.JPG

しびれのスカタン 少年画報ふろく





ある日、古本屋で手に入れた別冊ふろくです。




「おお!赤塚不二夫ってこんなまんが書いてたんだ!」とジャケ買いしたものです。





裏も表もどうみても赤塚不二夫の名前しか出てません。




でも中を開くと




IMG_8946.JPG


赤塚不二夫・作
長谷邦夫・え



となってます!




のでちょっと調べてみました。





しびれのスカタンは昭和40年〜昭和43年まで少年画報に連載されていたまんがだそうです。




しかし昭和41年男子のぼくらの知る赤塚不二夫といえば テレビアニメ「天才バカボン」 テレビアニメ「ひみつのアッコちゃん」くらいでしょう。





まんがのほうはヤングなゆえあまり詳しくないのが現実です。





そしてこの長谷邦夫なる人物を調べてみました。





この方は赤塚不二夫せんせいとかなり親密で右腕、ブレーンとしてフジオ・プロに携わっていたとのこと。





フジオ・プロではアイデアマン・作画等を担当 …





って!じゃあ赤塚先生は何担当なの(笑






この方は自分がすべて書いたものでも赤塚せんせーの名前のみクレジットのいわゆるゴーストライターもしてたみたいですね。





赤塚先生が酒で漫画に支障をきたすとフジオ・プロを離れ、自分の携わった分の印税はこちらに払ってほしいと至極当然のことをいったらフジオ・プロを絶縁されてしまったみたいですね。





まるでS村河内さんとN垣さんみたいな。






このかたが真の自分の著作を語りだしたら歴史は変わるかもね。






といってもナウなヤングなため正しいシェー!のポーズもままならないキャロライン小五なのでした(笑






IMG_8935.JPG

しびれのスカタン 少年画報 1965年〜1968年

赤塚不二夫・作
長谷邦夫・え
















posted by キャロライン小五 at 22:54 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。