2014年08月30日

ドラゴンブーム



今日はドラゴンブームです。


ドラゴンとはブルースリーの作品(ドラゴンシリーズ4作)のことですが、ブルースリー自身のことをドラゴンと認識していたこどもも多かったですね。


そしてドラゴンブームのきっかけは映画燃えよドラゴンですね。



燃えよドラゴンはブルースリー主演の第四作目になる映画です。



アメリカとの合作ではじめて全世界的に配信されたブルースリー主演映画になるのです。



日本では1973年12月に上映されました。



ちなみにブルースリーは1973年7月に他界しましたのでこのときは故人でした。




hdgflf.JPG
日本上映版パンフレット 表


kshddd.JPG
日本上映版パンフレット 裏


jdhdd.JPG
日本の空手家やタレントのコメント




この映画はほんと衝撃的でしたね。


007のカンフー版というべきものか?いや007以上です。
あのオハラとの因縁の対決シーンは震えました。
日本ではこの作品でブルースリーが知られることになりドラゴンブームに発展していくのです。



ブルースリーの本国での作品順は


1971年 ドラゴン危機一髪
1972年 ドラゴン怒りの鉄拳
1972年 ドラゴンへの道
1973年 燃えよドラゴン


となりますが、



日本では

1973年12月 燃えよドラゴン

その大ヒットから過去作品を上映していくのです。


1974年4月 ドラゴン危機一髪

ldjdd.JPG
日本上映版パンフレット表

mdjdes.JPG
日本上映版パンフレット裏


これもヒットしブルースリーの一回忌の上映として


1974年7月 ドラゴン怒りの鉄拳


そして


1975年1月 ドラゴンへの道



としてドラゴンシリーズ完結になるのです。



1973年から1974年くらいはドラゴンブームで上半身はだかでプラスチックでできたヌンチャクを振り回す子供が増えました(笑

あのアチョーという奇声とともに。
(この奇声は怪鳥音というそうです)


ブルースリーがやっていたというマーシャルアーツなる格闘技を知ることになるのもこのブームのおかげでしょう。



自称 和製ブルースリー とかいう俳優の「戦えドラゴン」 だったかな?


そんなパチもん番組まであらわれました。




ブルースリーを超えるカンフーアクター、カンフー映画はもうでないと言われてましたが、


後にブルースリーと肩を並べるカンフーアクター、カンフー映画は誕生したのでありました。







jjhgg.JPG

ドラゴンブーム 1973年〜1974年頃


posted by キャロライン小五 at 08:46 | Comment(0) | なつかしモノ(ブーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エフェクター




今日はエフェクターの紹介です。


066ddcb6ee.jpg


エフェクターとはエレキギターの音の味付けにつかうものです。



15歳のときからいろんなエフェクターを使いましたが手元に残ったのは2つだけです。





まずはBOSS DS-1です。



1981年製



062dcb5d5e.jpg




これはディストーションといってオーバードライブよりもヘヴィに音を歪ませるものです。




ゲイリームーアのコピーやるのに必須でした。




そして2つめは



クライベイビーです。


1981年製



2a77456668.jpg




いわゆるワウペダルです。



こちらはジミヘン、マイケルシェンカー、オジーオズボーン…



意外と重宝するのです。






そういえば最近ギター弾いてないな…



ギター弾きまくってたときは飯も後回しで弾きまくってました。



最初は指も血だらけでしたがそのうち固くなって指紋も消えてきて。



そういやギタリストって指板のほうの指で指紋認証は無理でしょうね(笑




もうすっかり指先が柔らかくなり指紋も出てきたキャロライン小五です。



でも…


バンドメンバー募集しちゃおうかな?
posted by キャロライン小五 at 07:45 | Comment(0) | すきなモノ(ギター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。