2014年08月13日

日立鉛筆けずり PH-10







今日は日立鉛筆けずり PH-10の紹介です。



kkhugf (2).JPG




kkhugf (1).JPG


年式は不明です。


昭和の鉛筆けずりといえば鉛筆をはさんで後ろのハンドルを手動でぐるぐる回すものもありますが、


ぼくらスチール学習机の世代にはなんといっても電動のこの手の鉛筆けずりですよね。



鉛筆を差し込むとツクツクツー ガガガガとけっこうな音がして


削り終わりの合図に赤いランプが点灯します。


それを無視して突っ込んでると鉛筆はどんどん短くなっていきます。



そういえばこういうデカイ鉛筆削りって今もあるのかな?


今あるとすればエコで静かなんでしょうね。






jlhfds (1).JPG

日立鉛筆けずり PH-10



posted by キャロライン小五 at 23:59 | Comment(0) | なつかしモノ(ぶんぐ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年まんが雑誌(1974年)






今日は1974年の少年まんが雑誌を紹介します。


1974年くらいのぼくは近所のお兄ちゃんの家にある漫画をパラパラみる程度ですかね。



テレビアニメのほうが身近でしたね。




まずは1974年の 少年マガジン



magajin2 (2).JPG
表紙


南 沙織が表紙となっています。
 


下に方に 撮影 篠山紀信 とあります。



この二人は5年後に結婚するんですよ。



運命を感じます?




あと小野田さんの記事もありますね。



2年遅れでよっこいしょういちさんの二番煎じになってしまった感じがありましたが。




内容は


magajin3.JPG



ほんと今見ると名作揃いですね。




そして裏表紙は


magajin2 (1).JPG


ドロップハンドルの自転車、今でいうロードレーサーです。





そして1974年の 少年ジャンプ



jump1 (1).JPG
表紙


まだ ど根性ガエル を書く前の吉沢やすみ先生の作品が表紙になってます。



内容は


jump1 (2).JPG



この頃のジャンプはぼくの好みの作品があまりないです。



強いていえば味平くらいかな?



侍ジャイアンツはテレビアニメでは楽しんでましたよ。




裏表紙は


jump2 (1).JPG


靴の広告です。




そして1974年の 少年サンデー



sandy1.JPG
表紙



ド迫力の 男闘呼組… じゃなくて 男組 の人の顔。




内容は



sandy3.JPG


ゲッターロボとイナズマンはやはりテレビでみてましたがまんが雑誌でみることはなかったですね。


ダメおやじはとても衝撃的でなんかよく覚えてます。





裏表紙は


sandy2.JPG


マガジンと同じくロードレーサーです。




まとめ


1974年の少年まんが雑誌に思い入れと記憶はあまりない(笑






jujgfdu (2).JPG


1974年 少年まんが雑誌






posted by キャロライン小五 at 23:33 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。