2014年08月26日

懐中電灯





今日は懐中電灯の紹介です。




toshiba (2).JPG






ぼくのもってるやつは筆記体で Toshiba と書かれてますね。




toshiba (1).JPG





おそらくこの赤い色は非常灯にもなったので昭和40年代の車には入ってたタイプかも。







とにかくぼくらの小学生のころは街灯なんてほとんどない時代で夜歩くなら懐中電灯が必須でしたね。




花火やるのも祭りにいくのも蛍をつかまえにいくのも。





今は カイチュウデントウ なんて単語をあまり聞かないような?




街には光が溢れ ちょいと暗いとこみるにはケイタイのライトで って感じでガッツリ電灯を使うってことあまりないですよね。





そういえばよくお祭りの屋台で売ってたカラフルなミニ懐中電灯。




あれ今欲しいなー(笑







jiv.JPG

懐中電灯 東芝









posted by キャロライン小五 at 22:19 | Comment(1) | なつかしモノ(にちようひん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャングル大帝(サンデーコミックス)





今日はジャングル大帝(サンデーコミックス)の紹介です。




jhaydogp (2).JPG
表紙





jhaydogp (1).JPG
背表紙




作者は言わずと知れた手塚治虫大先生です。






「ジャングル大帝」の内容を簡単にいうと



白いライオンのこレオが文化的(人間的)な暮らしをするために森の仲間を巻き込んでいこうと。



自分たちに無害な人間と和解し有害な人間は排除。




人間により加工された肉を人間から盗み草を食べて動物同士の殺生はしないと…




植物は生き物じゃないの? 加工された肉ならいいの? 弱肉強食はいけないの?




くじら食べちゃだめなの?牛や豚ならいいの?





て感じに 業は無視 で EGOで差別 に発展しそうな 海シェパード が喜びそうな



まあヒドイ内容なんですが(笑





キャラクター的には可愛くていいですよね。





手塚先生のまっちゃや赤本時代〜このくらいの作品の絵が大好きです。





デフォルメが可愛いですよね。



hjdtsf;.JPG



さすが和製ディズニーです。







このまんがは11歳のときに友達のゴロウくんにもらいました。




ゴロウくんのおとうさんの部屋にまんががいっぱいあってそこでよくまんがを読んでました。



これもそこにあったものでなんか欲しくてもらいました。




発行日は




昭和41年1月1日


jgfdyio (1).JPG





ぼくらの生まれた年代ですね。






もちろんぼくと同級生のゴロウくんも。






ひょっとしてお父さんがゴロウくんが生まれてくる記念にしようと買ったものかな?






それとも絵本替わりに買ったとか?






確かに絵が可愛いから絵本替わりでも楽しめそうですね。








fhgd.y].JPG

ジャングル大帝(サンデーコミックス) 手塚治虫 1966年発売 130円






posted by キャロライン小五 at 22:02 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月25日

少年サンデー(1976年)





今日は少年サンデー(1976年)の紹介です。




jhjss (2).JPG
表紙





jhjss (1).JPG
背表紙




背表紙で気になったもの


huidsd (2).JPG


ヤングに大モテの車って(笑


でも今このカスタムカーが走ってたらカッコイイ!いやナウいですね。





最近紹介してきたのはチャンピオン、ジャンプそしてサンデーと全て1976年のまんがです。



ほんとこの頃は勉強せずにまんがばかり読んでました。



1976年のサンデーは



huidsd (1).JPG


こんな感じの作品ラインアップ。





キャロライン小五 的ランキングは!




1位:がんばれ元気


この頃はスタートしたばかりですがとても面白いボクシングまんがです。


別に作者の小山ゆう先生が同県民だからといって贔屓してるわけじゃないです(笑




gidodt.JPG

hhfussf; (2).JPG

jhfsus (1).JPG

jhfsus (2).JPG




2位:ダメおやじ


もうこのおやじさんホントに悲惨(笑


でもたまにオニババとの愛を感じる話があったり おエー!



3位:まことちゃん


べつにギャグマンガってほどギャグが面白いとも思いませんが…


ぐわしが意外に難しいということを知りました。











あとの作品は…


同着!






ぼくサンデーはあまり好きくなかったのかな?






goeisled.JPG

少年サンデー(1976年)














posted by キャロライン小五 at 18:28 | Comment(0) | なつかしモノ(まんが) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。