2014年07月21日

スライム

今日は『スライム』の紹介です。

daad__ 1.JPG

(写真はメガハウスの復刻版です)

この前、西友のおもちゃコーナーで発見し思わず買ってしまいました。


ぼくらの遊んだスライムは1978年にツクダオリジナルから発売されたものです。

緑のポリバケツにスライムが入ってるというのは今も昔も変わりませんね。


冷たくてドロドロした緑色ものを触るだけってオモチャでしたけどその不思議な感触がなんとも好きでした。

ただ当時のオリジナルスライムのにおいは苦手でした。

と思いつつ復刻版スライムを嗅いでみたら懐かしいあのときと同じにほいでした。


_hsk_ 4.JPG

でもなぜか今嗅ぐと好印象。


このスライム人気に便乗し20円のガチャポンでパチもんスライムが売り出されました。

カプセルの中にダイレクトにパチもんスライムがINしているというもの。

パチもんスライムはオリジナルスライムと比べて色も豊富でなによりいい匂いがしましたね。


そういえば先日ガチャポンスライムのことで同年代の方とお話していて思い出したのですが、

2人ともこのガチャポンのパチもんスライムで遊んでたら手の皮がベロベロ剥けてきたという恐ろしい体験をしていました。

ほんとやばいくらい手のひらの皮がベロベロむけてはがれたのでした。

いったいあれは何だったんだろうか?

もちろんオリジナルスライムはこんなことにならないので大丈夫ですよ。



そういやスライムも虫入りとか○○の香りとかドクロとコラボとかバリエーションが増えるもいつの間にか廃れていきましたね。

いや、今こうしてオリジナルスライムの復刻版があの日の姿と違わず売られているのですから隠れた「ロングセラー商品」かもしれませんね。



_hjkd_ 2.JPG


スライム ツクダオリジナル(現 メガハウス第4事業部) 1978年発売 定価500円






















posted by キャロライン小五 at 17:13 | Comment(0) | なつかしモノ(オモチャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミリンダ

今日はミリンダ(レモンライム味)の紹介です。


fgH__ 1.JPG
表面

ミリンダは1973年〜1978年ころまで(いや、実は細々と20XX年まで)発売されていた清涼飲料水です。

ujkdkl__ 2.JPG
裏面


表と裏で表記が「ミリンダ」と「MIRINDA」に別れます。



ミリンダってその名前の響きが懐かしいけど特に思い入れはありません。


あまり飲んだ記憶もありません。


だってミリンダってファンタやスプライトがあれば特にいらない子でしたよね。
(ミリンダファンの方 申し訳ありません)


ちなみにぼくはきつい炭酸がやみつきな『キリンレモン党』でしたけど。


さて、この無果汁ミリンダ!


dddfff__ 3.JPG


ネットで調べてみたが詳しい年代がよくわかりません。

70年代のじゃないかとのことですが真相はいかに?







opiof__ 1.JPG

ミリンダ ペプシコーラボトリング(株)



















posted by キャロライン小五 at 08:11 | Comment(0) | なつかしモノ(駄菓子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイ・ザ・パック

今日は『スパイ・ザ・パック』の紹介です。


dgfui__ 1.JPG


スパイ・ザ・パックはサンスターのスパイシリーズ第4弾として1970年に発売されました。


1969年発売の第1弾スパイメモからはじまりスパイシリーズはどんどん進化していくのですよね。


第8弾くらいまで出て最終的には子供のお小遣いで買うのが難しいくらい値段も跳ね上がりました。


この第4弾の「スパイ・ザ・パック」は定価480円


このくらいまでが落としどころ(親にねだる)じゃないでしょうか。



で、この「スパイ・ザ・パック」 名の通りスパイグッズがパックされたモノです。



;gfd__ 2.JPG


・水にとけるシークレットロープ

・指紋検出装置・団員バッジ

・水にとけるシークレットメモ

・シークレットペン


と見出しに書いてありますがスパイ七つ道具としては


1:スパイメモ

2:スパイメモカバー

3:シークレットロープ

4:指紋検出装置

5:団員バッジ

6:シークレットペン

7:スパイライセンス


以上の7つでスパイ七つ道具となるわけです。


スパイメモと水に溶けるメモはお約束といったとこでしょう。

シークレットロープ細っ!

しかもこれは自分の持ってるロープを敵に渡して自分を縛らせて、自分で脱出するという…

まあ、これは『スパイごっこ』だからそんなことはぜんぜんアリなのです。

ごっこ(プレイ) なんですから。


他のHPの紹介でこの「指紋検出装置」はなかなかの逸品と書いてありました。

開けてやってみたい好奇心もありましたが…


もったいないから

もったいないから

もったいない〜か〜ら〜

開けないっ



jffk__.JPG
しかもロケット鉛筆画流用



『スパイ・ザ・パック』 サンスター 1970年発売 定価480円 









posted by キャロライン小五 at 07:15 | Comment(0) | なつかしモノ(オモチャ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。